上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鈴木愛理ちゃんの話。

写真集『巡る春』 5月23日発売予定!
表紙はこちら。
airi-suzuki[1]

Amazonの紹介よりコピペ。

内容紹介
℃-ute・鈴木愛理、最新写真集がついに完成。

今作の舞台は新潟。前作『登校日』同様、女子高校生の日常を切り取りました。

日本海を望む駅に佇む場面から物語が始まり、学校生活や放課後の部活動、友人と過ごす休日など、雪国の美しさと厳しさを背景に、17歳の少女の素顔が見えてくるような一冊。

そして訪れる穏やかな春では、“この時が永遠に続けばいい”という想いが溢れる反面、“共にいくつもの[春]を迎えたい”と彼女の成長を願わずにはいられない作品に仕上がっています。(メイキングDVD付)


個人的な話だけど、自分の両親、祖父母、親戚の多くは新潟(上越市ほか)出身、在住。
もちろん小さい頃、お盆、年末年始などよく行ってた。
自分も数年前は仕事で何度も新潟(三条市)に行ってた。
その頃、新潟市にも何度か遊びに行ってた。

新潟は切っても切れない縁があるような感じがする。
なじみのある新潟の風景がどのような形で写真になってるのか少し期待。

また、タイトルが良い!「巡る春」
“この時が永遠に続けばいい”という反面、“共にいくつもの[春]を迎えたい”

良いね!!
季節がちゃんとまた巡ってくるこの日本に生れて、育って良かった!

も・ち・ろ・ん、あいりんの色んな姿の写真が楽しみなのは言うまでもない(>_<)

握手会ないのかな~。

ではでは(^o^)ノシ
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。