上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※動画はありませんので(笑)

少しずつ書いていたけど、やっとアップした!
水樹風ヘルシーカレー実際に作ったレポみたいなもの。
要するにただの日記。←
ちなみにこの記事番号は707番!!

お料理シャッス!

DVD材料

この前、約1か月前、水樹風ヘルシーカレー作った。
最近の方も昔からの方も奈々ちゃんファンならご存知の通り、アルバムIMPACT EXCITERのDVD、lesson5.家庭科 奈々先生のお料理シャッス!で紹介していたもの!
いつかは自分の手で作ってみたいと思ってた。それが実現出来て嬉しかった!

作り方は各自DVDで見て欲しい。
材料はご覧の通り。結構種類が多い(^_^;)

自分が使用した数量も書いておく。

水樹風ヘルシーカレー 大体20皿分くらい。

・玉ねぎ中くらいの3個
・ニンジン中くらいの1本
・里芋7~8個くらい
・オクラ16本くらい(1日目に半分使用)
・レンコン中くらいの1個(1パック)
・ヤングコーン8本くらいの2パック(水煮)
・リンゴ1個
・マイタケ1パック
・挽き肉(合挽肉)300g程度
・ウズラの卵30個(1日目に20個使用)
・バター包装の切れ目に沿って1つ分(20分の1)
・カレー粉(中辛)粉状のもの180gを2つ

使用した材料

福神漬けも入れると2500円くらいになった(^O^)
材料買いそろえてスタート。

1.里芋の皮むき、ウズラの卵を茹でる。

DVDの紹介ではもう里芋の皮むきがされてます。ウズラの卵も茹でたのを用意してあります。まずここから用意しなくてはなりません。
里芋は冷凍のもの、ウズラの卵は水煮(もうパックされてるもの)も売られていますが、敢えて使いませんでした。若干高いので(^_^;)

里芋は皮むき→切って塩で揉む。
皮むきは慣れてないと結構時間かかる(^_^;)
その間にウズラの卵を水から茹でます。火が強いまま沸騰させ続けると卵が割れて中身が出てしまい崩れるので弱くする。
里芋とウズラの卵

2.玉ねぎ、ニンジン、リンゴをフードプロセッサーにかける。

うちのフードプロセッサー、久しぶりの登場。
材料を適当な大きさに切って、玉ねぎから順番に。

玉ねぎは終わったらもう鍋に入れる。ここから玉ねぎは炒めはじめる。
その間にニンジンをフードプロセッサーにかけボウルに移す。
リンゴは時間なくてかけられなかったので次に回した(笑) 

3.鍋にバターを入れ、玉ねぎを炒める。

玉ねぎ投入直後
ここも弱火~中火で10分位はかかるので、その間に次の材料を切ったり準備します。
レンコンを切ったり、面倒なウズラの卵を何個4~5個剥きました。

4.挽き肉とニンジン、マイタケを炒める。

玉ねぎ炒め中
玉ねぎに火が通って水気がなくなったら挽き肉、ニンジン、マイタケ、レンコンを入れて炒める。
 挽き肉炒め中


ニンジン投入 

炒め中
この時点では何を作ってるのか本当にわからない(笑)
ここでやっとリンゴをフードプロセッサーにかけた(^_^;)

DVDではお奈々さんリンゴの皮剥いてなかったような気がしますが、ここはちゃんと剥きました(*^^)v
包丁でめちゃくちゃ早く剥いた(^_^;)

5.水を入れて、里芋、ヤングコーン、リンゴを加えて煮込む。

リンゴ、里芋、ヤングコーン投入
蓋をして、弱火~中火くらいで15分煮込む。
まだ何を作ってるのかよくわからない(笑)

約15分後、
煮込み中
里芋に火が通れば良し。箸で差して確認。

6.火を止めてカレー粉を入れて溶かす。
 
カレー粉(粉のタイプ)甘口、中辛を入れる。配分はお好みで。
 
カレー粉溶かしながら、奈々ソン歌った(笑)
7月7日をフルで。
ちなみに家族が近くにいたんですが、声小さかったんで聴こえなかったようです。

大体溶けた頃を見計らって味見。この時点ですごく美味しい(≧ω≦)/
OKなら火を止めて少し寝かす。
その時間で、オクラを切って、うずらの卵残り全部剥いて準備。15個くらい。
煮込んでる間に準備出来たんじゃあってツッコミは受け付けませんよ!!
煮込んでる間は使ったもの洗ったり、片づけたりしてます。
実際の家事は忙しいんです!!

7.オクラ、ウズラの卵入れて少し煮込む。


オクラ、ウズラの卵投入
オクラに火が通ったら盛り付けて完成!!

少し煮込んで完成 

盛り付け


初めてにしてはうまくいった方だと思う。
味は今までに食べたことのないくらいに美味しかった(≧ω≦)/
奈々SPの次くらいに!
少し辛いけどリンゴ、玉ねぎなどで甘さが出てるのか食べやすい。色んな味がしてくる。

ぜひ作って確かめて欲しい!

※このブログは時々お料理のこと書きます(^O^)


家族みんなおいしいと言ってくれた。
一番食べて欲しかった人から、

「時々でいいからまたこうやってみんなに作ってあげてちょうだい」

とお願いされた。


約束しよう。


いつもごめん。いつもありがとう。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。