上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日にちまた経ってしまいましたが、レポ再開です。
今日上げないといつ上げられるか、わからないので。
ってことで。

祝!1000回!ノン子とのび太のアニメスクランブル
~アニラジの歴史はここから始まった~

日高のり子 長谷川のび太

2010年6月27日 九段会館大ホール




--------------------------------------

めぐみ閣下こと、すたちゃの大御所、林原めぐみさん白いチャイナ服で登場。
会場の観客大いに盛り上がる\(^o^)/

めぐさん「じゃかしー!」

僕は多分初めて見ましたが、
めぐさんのチャイナ服も普段着だそうで(・o・)(笑)
デビュー当時めぐさんの目つきが怖かったとノン子さん。

めぐさん「視力悪かったのか、目を細めて見てた。」

アフレコ現場で人を見てあくびしてたのをしっかり見ていたノン子さん。

めぐさん「ノン子さん良く覚えてるね~。」

ノン子さんにとって、めぐさんは何を仕出かすかわからない興味の対象とのこと。

質問を準備してきためぐさん。
ノン子さん、長谷川さんに質問コーナー。

めぐさん「ついにアニスクのパーソナリティー権を手に入れた~!で、1000回ってどう?」

長谷川さんがスポーツアナ専門になってしまうかもしれないという番組存続の危機があったそうで。
でも結局1ヶ月の間だけ別のアナウンサーで代役して乗り切ったという。

でもそれだけ長く続いてると、

ノン子さん「のびちゃんが私に憧れても不思議じゃないよね。」
めぐさん「憧れても?」
長谷川さん「ちょっと待って下さい。僕は日高さんにずっと憧れてました。」
ノン子さん「1回も感じたことがない。」
めぐさん「わかる。私も感じたことないよ。」
長谷川さん「いや、僕はだって林原さんの事が好きで好きで、この仕事を続けたいと思ってたんです。」
ノン子さん「ちょっと待って。今さ林原さんのことは好きで好きでって、じゃあ日高さんはどうなの?」
長谷川さん「だからそれは×2、僕はもう日高さんのことが好きで好きで、だから・・・」
めぐさん「ゲストに来た時になんとなく優しくもてなしてる感じは、何だったの?」
長谷川さん「すみません、ちょっと水持ってきてもらえます~。」

この2人に挟まれてる長谷川さん想像以上に大変ですね(^_^;)

らんま1/2のイベントでノン子さん、めぐさんがイベント出演した時の話。
もう有名な話ですが、イベントでクイズがあって、
「○だと思う人はらんまを、×だと思う人はラムちゃんを上げてください。」
その後、客席から「なんでラムちゃんが×なんだ!」とブーイング。
それに対してめぐさんが、
「だったら上げなきゃいいじゃん。何も当たらないけど。」と言ってしまったことや、
サインボール遠くに投げようとして全力投球したら、
一番前の人に思いっきり当たった!というエピソードもあったと。
そんな思い出のらんま1/2の曲から

リトル☆デイト/日高のり子&林原めぐみ

歌の途中で台詞があり「弱虫なの。」と泣きそうな感じで言うリハーサルをしてたそうですが、舞台では「弱虫なの!(んなわけないじゃん!と二人とも思ってたそうで(笑))」

思いっきりあの当時のアイドルソングのような感じでした。

次のコーナーへ続く。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。