上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで京都 鈴虫寺編です。
奈々さんがいつもライブ前にこっそり来ていると噂のあの鈴虫寺です。
そこに行けるなんて着く前から楽しみでした。

-----------------------------------

ホテルをあとにして京都へ電車で向かう。
途中乗り換え、鈴虫寺最寄りの「松尾駅」に到着。

しばらく駅で待って名古屋から奈々友さん到着。
片道3時間お疲れ様でした。

一緒に鈴虫寺へ向かう。
寺の手前まで来るとかなりの人の列が出来てた!!

列の最後尾に並ぶ。
後ろからACADEMYのグッズのビニール袋持ったグループがやってきた!?
明らかに同じ仲間(^O^)
まあそんなこんなで入口までひたすら並ぶ。

鈴虫寺入口

階段の手前まで来た。ここから狭い階段登る。
上までずっと並んでる。

ここでいつも持ってたある奈々友さんから頂いたお守りを取り出した。
奈々友さんからもらったお守り
ここでは書きませんが、願いは叶った。ありがとう。
そして今日はそのお礼参りに来た。


入口手前わらじを履いた幸福地蔵様がまつってある。
このお地蔵様にお願い事をする。
するとお地蔵様がお願いした人の住んでるところへ歩いて行き願い事を叶える、という。

境内に入る。
そしてその古いお守りをお寺に返した。

中は100人近く入れる部屋で、テーブルにはお茶と小さなお菓子が置いてある。
そして、確かに聴こえてくる鈴虫の鳴き声。
前にはケースがいくつか置いてあった。

住職さん登場。お話を始める。
鈴虫の入ったケースは全部で7ケースあり、1ケースに鈴虫が1000匹入っていてそれぞれオス500匹、メス500匹になっている。数が平等でないと取り合いになり争いが起こる。・・・人間でも同じとか(笑)
まあ実際、数だけじゃないんですけどね(^_^;)
この鈴虫は27年かけて飼育に最適な温度と湿度の条件を見つけて、1年中鳴かせることに成功したという。

お守りのお願い方法にはルールがあって、
お願いするには住所、名前を言って幸福地蔵様に向かってお願い事をすること。
お守りの願いは一つだけ。いくつもはダメ。
来れなかった人にお守り渡してその人がお願いを叶えるには京都の方向を向いてお願いをする。など。

まあ大体覚えてるのはこんなところでした。
あっ、そういえば鈴虫の生存確認してくるの忘れたΣ(>o<)
座ったの後ろの方だったので前にあるケースの中身がわからなかった。
ということでもう1度行きたいけど、いつになるのやら(^_^;)
境内出る前に新しいお守りいくつかもらってきた。
自分の分と渡す人の分。
自分の分は幸福地蔵様の前で新しくお願い事をしてきました。
それが何なのかはもちろん秘密です♪

鈴虫寺で印象に残った張り紙がこちら。
一期一会

一期一会

出会いってとても大切。
何気ない出会いも何かしら未来に、過去に繋がってたりする。
出会ったことから今が変わる。
どう変わるかは自分次第。

さて、お寺を出て目の前のお店でお昼ごはん。
それから、清水寺へ行きました。
中学の修学旅行以来でした。
歩いてるうちに当時を色々思い出したりしました。
ここもやはり混んでましたね。
途中、わらび餅食べて休憩。
清水寺へ到着。

眺めはやっぱ良いですね。

清水寺から

ナネットさん「京都タワーまで飛んでいきたい(^ω^)」
せっきー「...ナネットさんまた写ってる。」

ということで清水の舞台から飛び降りる恐怖を味わってもらいました。

清水の舞台から

ナネットさん「た、高い。。。でも飛べるからイイんですけどね。」
せっきー「その体型で?(笑)」
ナネットさん「・・・やっぱり助けて~(+o+)」

くだらなくて本当にすみませんm(_ _)m


さて気を取り直して、続けます。

その後、清水寺を出て最寄りの駅まで歩く。
結構歩きました。20分位?
電車に乗り16時半過ぎ京都駅へ到着。

奈々友さん一人お見送り。
僕ら3人は19時台の新幹線しか空いてなかった。
お土産購入など京都タワーの下で時間つぶして新幹線で帰った。

---------------------------------------------

ふう、やっと大阪編終わりました。
っていうか終わらせました(笑)

サヴォイ、布引ハーブ園、オリエンタル劇場、鈴虫寺と色々と僕の希望を聞いてくれて一緒に回った奈々友さんに感謝しています。

ACADEMY名古屋編へ続く。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。