上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駅の連絡通路にある本屋で立ち読みですが(笑)インタビュー記事読みました。
利用している駅には2本連絡通路があり、両方に本屋がある。それはどうでも良いとして、

幼いころの奈々さんの音楽教育は半端なかったそうです。厳しい時もあったそうで。
長い下積みがあったんですね。

支持を示す棒グラフがあったんですが、男性が10代>20代>30代の順で多く、
女性が20代>10代>30代?の順だったと思います。
女性からの支持が高いということでした。女性ファンが増えているんですね。確実に。

しかし、未だに奈々さんのこと全く知らない人に「声優」の水樹奈々と紹介すると、
「アキバ系?」と聞かれることがあります。最近はそう聞かれたら、
「声優ですが、歌も歌って、CDもオリコン2位にいくつもなったり、ライブも盛んで、最近は音楽が好きでファンになった人もいます。自分も音楽が好きですo(^-^)o」と答えるようにしています。
「どんな歌があるの?」と聞かれたら、もうこっちのもんです(笑)
ドン引きされない程度に紹介します←(笑)

この記事の見出しにもありましたが、声優、アイドル、音楽、枠にとらわれない「歌姫」水樹奈々をこれからも推していきます。
ではでは。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。